kitagawa 北川鉄工所

PRODUCT CENTER

Related Articles

型にはまらないモノ創りにチャレンジ

てつめくん1
てつめくん1
てつめくん1 てつめくん2 てつめくん3 てつめくん4
※画像をクリックすると画像が切り替わります

「鉄から芽が出た」を形にしました。
柔軟な発想と少しの遊びココロ。


おそらくKitagawaで初めての試みではないでしょうか。

遊びココロを形にする。

当時本社にあった開発室で考えられた構想で、開発スタッフの発想の柔軟化を促す為
「なんか考えてみぃ」の一言から早20年。

てつめくん誕生秘話

てつめくん鉄から芽が出た。略して「てつめ」

かた~い鉄から柔らかな双葉が...
私たちKitagawaの発想は、「意外性」と「柔軟性」がその根底にあります。

過去の実績や凝り固まった常識に囚われることなく、ユニークで自主性にとんだ発想から新しい考えや商品を開発したい、そんな思いがこの『てつめくん』には込められています。そしてこんな物語も生まれました。

てつめくんむか~し、備後地方のある村に働き者のおじいさんとおばあさんがいました。

今日も畑仕事に精をだしていると、おじいさんの頭にコツッと何かがあたりました。 畑を見ると、小さな光る鉄の球が。
おじいさんは天からの恵み、と思い畑に植え、大事に育てました。

幾日かたったある日、畑にキラリと光るものが...よくみると、なんと鉄の球から芽が出ていたのです。その話は、「鉄から芽が出た」と、村中で話題になりました。誰からともなくこれを「てつめくん」と呼び、この村はとても栄え、みんな楽しく暮らしたそうです。

「こんなものが」と、あきらめることなく、信じてやってみると、それが叶う!
新しい発想と信じる心を持って前に進んで行くことを忘れてはいけません。

てつめくんができるまで (MIM製法過程)

1.準備

1.準備

金属粉とバインダー(樹脂)の割合によって収縮量が決まります。

2.射出成型

2.射出成型

成型機を用い、混練体を 金型に射出します。

3.脱脂

3.脱脂

脱脂の段階でブレンドした バインダー(樹脂)の大半を 取り除きます。

4.焼結

4.焼結

焼結により残ったバインダー
(樹脂)を取り除きます。このとき寸法は焼結の収縮により設定寸法となります。

5.研磨

5.研磨

バレル研磨をしててつめくんを仕上げます。

完成

完成

今やこんな事にまで

府中市の熱い夏祭り!Kitagawaのマスコットてつめくんも大忙し!

トラックのパネルになったり、Tシャツになったり。
2011年、Kitagawaはお陰様で70周年。ハンカチになっちゃいました。


夏祭り

夏祭り1 夏祭り2 夏祭り3

70周年ハンカチ

70執念ハンカチ
PAGE TOP